2021年06月

ベニトアイト 0.850ct

美しく上品なカットだからこそ際立つ
高い透明度と青の濃さ

ダイヤモンドのようなまばゆさと、ブルーサファイアに負けずとも劣らない深くて優しい青。アメリカのカリフォルニア州で発掘され、アメリカの三大希少石のひとつであるベニトアイトは、商業的な発掘を終了させてしまったため、今では世界屈指のレアストーンとも呼ばれています。

ベニトアイトの強い輝きは、ダイヤモンドと同じ分散率に由来します。虹色のファイアも美しく、特にこのベニトアイトは見る角度によってフラッシュのように輝く「赤色」が魅力のひとつ。ブルーサファイアともブルーダイヤモンドとも違うベニトアイトだからこそ、その魅力を醸しています。

ただ、ベニトアイトは硬度が少々低いため、インクルージョンが多く含まれるものが多いと言われています。そんななか、類まれなる透明度とカットの美しさ、そして神秘的な青の濃さの3つを併せ持つこのベニトアイトのクオリティの高さは、なかなか右に出るものはないと自信をもっていうことができます。

ベニトアイトの深くて濃い青は、意識を高めてくれる、そんなパワーを感じます。でもそれは、あなたの人生の目的に「気づかせてくれる」というより、目的に向かって「もうすでにスタートしている」ということを知らせてくれる力。手に載せた瞬間に不安は消え去り、限りない安堵感に満ち溢れるでしょう。