2021年11月

パライバトルマリン 0.570ct

ゆったりと揺らぐ優しさをまとった
自然界のネオンブルー

蛍光カラーのネオンブルーが特徴のパライバトルマリン。1987年にブラジルのパライバ州で発見され、1989年に アメリカのアリゾナ州で開催された「ツーソン・ミネラルショー」でデビューを飾り、その場にいた宝石商の心を瞬く間に奪いました。その魅力は今も変わらず、すべての宝石の中でも1、2を争うほどのかなり人気がある宝石です。

パライバトルマリンの色を言葉で表す際、「南国の海」と表現することがあります。しかしこのパライバトルマリンは、写真や絵画で観るネオンブルーというより、手ですくって間近で目にする「海の水」といったイメージ。明るいネオンでありながら、少しゆるやかな、優しいブルーをまとっています。

ゆるやかさと優しさを持つ一方、少し鋭角なシェイプであることがこのパライバトルマリンの最大の魅力。「矢印」のようにも見えるこの形は、進むべき方向性を指し示してくれています。けれど、決断を急がせることはありません。また、その間に荒波がやってきても、平常心でいられるよう促してくれます。

自分が歩むべき方向を知ることができたのなら、あなたなりの「そのとき」が来るのを、ゆったり構えて待ちましょう。水の色が光の加減でいろんな色に見えるように、石たちがそれぞれ異なる役割があるように、一歩を踏み出すタイミングは人それぞれなのだから。